特許期間や新薬で知っておきたいこと

ジェネリック医薬品というのは、簡単にいえば、特許の切れた医薬品といえます。

新薬といわれる先発医薬品は販売するまでの研究・開発に膨大な期間と費用を費やしており、それらを保護するために特許申請を行ないます。

しかしその特許期間が切れた後は、他の製薬会社が同じ成分、同じ製造方法で同じ効能の得られる薬を作ることができます。

つまり、多大な期間と費用を掛けることなく、新薬と同等の薬を製造・販売することができるのです。

これがジェネリック医薬品というわけです。

ところが、新薬と同じ成分、同じ製造方法で作った薬でも先発薬と全く同じ適切な効果を発揮してくれるとは限らないことを我々消費者は認識しなければなりません。

どうしてこのような事態が起こりえるのでしょうか。

一概にはいえませんが、それは「技術力の差」ともいわれます。

たとえば、「薬の溶け方に違いがある」「薬効の出方が異なる」「効果が現れる時間が違う」といった違いが先発薬とジェネリック医薬品には現れることがあります。

先発医薬品メーカーは数百億円ともいわれる莫大なお金を掛けて薬の研究・開発を行なっており、成分や製造方法の主な部分は公開しても詳細に及ぶまで公表するのではないからです。

そして新薬を製造・販売する会社は大手製薬会社ですが、ジェネリック医薬品を扱う会社は準大手が多く研究員などの質にも差があるからです。